ニューススイート(ソーシャライフ) 利用規約
最終更新日: 2016年10月1日

[ Language : Japanese, 日本語 ]

このニューススイート(ソーシャライフ)利用規約(以下「本規約」といいます)は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(以下「ソニー」といいます)が提供する『ニューススイート(ソーシャライフ)』と称するサービス(以下「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。本サービスのご利用にあたっては、本規約にご同意いただく必要があります。本規約及び本規約と供に提供される「プライバシーポリシー」をよくお読みになり、ご同意の上、本サービスをご利用くださいますようお願い申し上げます。

尚、本サービスの利用に伴い、第三者の提供するサービスを利用する場合は、当該第三者サービスの提供者が定める利用規約等が適用されますので、本サービス利用にあたっては、それらの利用規約等も併せてご確認頂けますようお願い申し上げます。

また、13歳(さい)以下(いか)の方(かた)は、保護者(ほごしゃ)の方(かた)の了解(りょうかい)をとって利用(りよう)してください。 

第1条(本サービス利用のための手続等) 
1. 本サービスの利用希望者は、本規約の内容を了解したうえで、ソニー所定の必要事項を正しくソニーに提供し、利用登録の申込みをするものとします。利用希望者がソニーに対して提供すべき項目には利用希望者を特定することができる個人情報に該当するものが含まれています。利用希望者は、利用に先立ち「プライバシーポリシー」を読み、その内容を了解した上で利用するものとします。かかる申し込みを受けたソニーが、ソニー所定の方法により申込みを許諾する旨を利用希望者に対して通知した時点をもって、利用希望者はユーザー(以下「ユーザー」)となります。なお、ソニーが別途指定する、第三者の提供するサービスのユーザーアカウントを利用することでユーザーとなることもできます。
2. 本サービスの利用希望者が以下の事由に該当する場合には、ソニーは当該利用希望者がユーザーとなることを拒絶することができるものとします。
(ア) 本サービス利用希望者が実在しない者であること。
(イ) 同一の利用希望者が複数のユーザー名で本サービスを利用すること。
(ウ) 本サービス利用の記載必要事項に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあったこと。
(エ) その他、ユーザーとなることを拒絶するべき正当の事由がある場合。
3. 利用に際して提供した事項に変更が生じた場合、ユーザーは、ソニー所定の方法で変更手続を行うものとします。
4. ユーザーは、ユーザーとして有する権利を、第三者に譲渡することはできないものとします。

第2条(本サービスの内容)
1. ユーザーは、本規約に従い本サービスを利用することにより、ソニーが指定する第三者が提供するSocial Network Service(以下「第三者SNSサービス」といいます)の情報及びRSSフィード情報をまとめて閲覧し、本サービス経由で、当該第三者SNSサービスまたはRSSフィードを提供する第三者のウェブページへアクセスすることができます。また、ユーザーは、自ら撮影、作成した、あるいは第三者から使用許諾を受けた動画データ、画像データ、情報、文章等(以下併せて「データ等」といいます)を、本サービスを提供するソニーのサーバー(以下「本サーバー」といいます)経由で第三者SNSサービス上にアップロードし、他の第三者SNSサービスの利用者に対して当該データ等を閲覧させ、かかる第三者利用者と当該データ等を共有することができます。尚、データ等のうち、動画データ及び画像データは、本サーバー上にアップロードされます。尚、本サーバー上にアップロードされた当該データ等については、第7条第2項に定める制限を受けます。ご注意ください。その他の本サービスの内容は、本サービス上においてソニーが別途案内するとおりとします。
2. 本サービスは、日本国内に所在する個人を対象に提供されます。
3. 本サービスにおいては、ソニー、ソニー株式会社、ソニー株式会社の関連会社及びその他第三者の広告が挿入されることがあります。
4. 本サービスの利用に伴い、ユーザーが利用する第三者のサービス(第三者SNSサービスを含みますがこれに限られません)は、当該第三者所定の条件により提供され、当該第三者サービス提供者の都合により、当該第三者サービスの利用は有償となる場合があります。

第3条(アップロードされたデータ等の権利)
1. データ等を第2条に従いアップロードしたユーザーは、ソニーに対し、当該データ等が第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。
2. ユーザーは、ソニーに対し、ユーザーによる本サービス利用に伴いソニーが取得したデータについて、本サービスのサービス内容向上を検討するために必要な範囲で自由にソニー自ら、及び第三者をして利用できる、非独占的な権利を無償で許諾するものとします。
3. 「プライバシーポリシー」の規定にもかかわらず、ソニーは、データ等またはその他ソニーがユーザーによる本サービス利用に伴い取得した情報を、以下の各号に該当する場合には、各号に定める目的を達し、要請に応じるために必要なまたは合意された第三者に開示または提供することができるものとします。
(ア)法令または警察などの公的機関により開示または提供を要求された場合。
(イ)特定の第三者への開示または提供につき、ユーザーの合意を得た場合。
(ウ)ユーザーに対し、本規約に基づく義務の履行を請求する場合。
(エ)ユーザーに対する本サービス提供に関し、紛争または損害賠償請求が発生した場合。
(オ)ソニー、ユーザーまたは他のユーザーを含む第三者の生命、身体、自由、財産、権利および名誉を保護する必要がある場合。

第4条(ユーザーの義務)
1. ユーザーは、自己のIDにより本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について、責任を負うものとします。
2. ユーザーは、本サービスの利用に関連した自己のIDおよびパスワード等を自らの責任において管理するものとします。
3. ユーザーは、自らの責任において第三者SNSサービスに適用される第三者提供者所定の条件を遵守するものとします。
4. ユーザーは、本サービスの利用に関して第三者(国内外、ユーザーの資格を有する者であるか否かを問いません。また、第三者サービスの提供者も含みます。以下同様とします。)から問合せ、クレームを受けた場合には、自己の責任と費用をもって当該問い合わせ、クレームを処理および解決するものとします。
5. ユーザーは、本サービスの利用によりソニーまたは第三者に対して損害を与えた場合(ユーザーが本規約上の義務を履行しないことにより、第三者またはソニーが損害を被った場合を含みます。)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。

第5条(営業活動の禁止)
ユーザーは、ソニーの事前の書面による承諾なく、本サービスを使用して営利を目的とした活動をすることができません。

第6条(その他の禁止事項)
ユーザーは、本サービスを利用する上で以下の行為を行なってはならないものとします。
(ア)ソニーもしくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権、財産権、プライバシー権もしくは肖像権その他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
(イ)ソニーもしくは第三者を差別もしくは誹謗中傷し、またはソニーもしくは第三者の名誉もしくは信用を毀損する行為。
(ウ)詐欺等の犯罪に結びつく、またはそのおそれのある行為。
(エ)わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待にあたるデータ等をアップロードする行為。
(オ)本サービスを利用するために必要となるソニーのソフトウェア、または本サービスにより利用しうるソニーまたは第三者の情報、データまたはソフトウェアを修正、改変、改ざん、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、消去等する行為。
(カ)第三者のIDを用いて本サービスを利用する行為。
(キ)有害なコンピュータプログラム等を送信し、または第三者が受信可能な状態におく行為。
(ク)選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為。
(ケ)上記各号の他、法令、または公序良俗に違反する行為、本サービスの運営の妨害行為、ソニーの信用の毀損行為またはそれらの違反、妨害、毀損のおそれがある行為。
(コ)その他ソニーが不適切と判断する行為。

第7条(データ等の保存容量・期間に関する制限)
1. ユーザーが本サーバー上にアップロードしたデータ等及び本サービス利用に伴いソニーが取得したデータが、ソニーが本サービス提供のために使用する本サーバーを含む設備におけるデータの保存期間または容量を超えた場合、ソニーは、ユーザーに事前に通知することなくそれらを削除することができるものとします。また本サービスの運営および使用する設備の保守管理上の必要から、ユーザーに事前に通知することなく、ユーザーが本サービス用設備に登録したデータ等を削除することがあります。
2. 前条に定める、ソニーによるユーザーが本サーバー上にアップロードしたデータ等の削除、または第15条に定める本サービスの終了、廃止に伴い、ユーザーが本サービスを経由して第三者SNSサービスにアップロードしたデータ等のうち、本サーバーにアップロードされたものについては、第三者SNSサービスでの閲覧ができなくなる場合があります。従いまして、当該状況を避けたいユーザーは、本サービス経由でのデータ等のアップロードではなく、直接第三者SNSサービスへのアップロードを行ってください。
3. データ等のバックアップは、ユーザーが保有するコンピューターその他の記憶装置を用いて、ユーザーの費用と責任において行われるものとします。ソニーは、ユーザーが本サービスまたは本サーバーにアップロードしたデータ等に滅失・毀損または変更等が生じた場合であっても、ユーザーに対して、一切責任を負わないものとします。

第8条(知的財産権等)
ユーザーが本サーバー上にアップロードしたデータ等を除き、ユーザーが本サービスを利用することによりアクセスもしくは入手可能な情報、音声、ソフトウェア、コンテンツ等の著作権その他の権利は、ソニーまたは当該権利を有する第三者に帰属します。ユーザーは、当該コンテンツについて、権利者が定める使用許諾契約または著作権法その他の法令において認められた場合を除き、権利者の事前の承諾なく、複製、改変、頒布等を行ってはならないものとします。また、ユーザーは、これらの行為を第三者に行わせてはならないものとします。

第9条(本サービスの変更)
ソニーは、ソニーが適当と判断する方法でユーザーへ通知することにより、本サービスの全部または一部を変更することがあります。

第10条(本サービスの一時的な中断)
1. ソニーは、以下のいずれかの事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく、一時的にユーザーに対する本サービスの提供を中断させて頂くことがあります。
(ア) 本サービス用設備等の保守または点検を行う場合、または工事が必要な場合。
(イ) 火災、停電、天変地異等により本サービスの提供ができなくなった場合。
(ウ) 前各号の他、ソニーが必要と判断した場合。
2. ソニーは、理由の如何を問わず発生した本サービスの提供の遅延または利用中断等によりユーザーまたは第三者に生じた損害について一切責任を負わないものとします。

第11条(免責)
1. ソニーは、ユーザーがアップロードしたデータ等をソニー所定のフォーマットに変換することがあり、そのためデータ等に品質劣化が生じたとしても、その責を負わないものとします。
2. ソニーは、ユーザーがアップロードしたデータ等を、第三者が利用した際に品質劣化が生じたとしても、その責を負わないものとします。
3. ソニーは、ユーザーが本サーバーを含む本サービス用設備に蓄積したデータ等の消失(第7条に基づくソニーによる削除を含みます。)、第三者による改ざんに関し、いかなる責任をも負いません。
4. ソニーは、本サービスの利用により発生したユーザーの損害(他のユーザーを含む第三者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます。)、および本サービスを利用できなかったことにより発生したユーザーまたは第三者の損害に関し、いかなる責任も負わないものとします。
5. ソニーは、ユーザーまたは第三者に対して、本サービスの内容および本サービスを通じて得られる情報の完全性、正確性、確実性、有用性、瑕疵がないこと、誤りがないこと等一切の保証をしません。

第12条(本規約違反等への対処)
1. ユーザーが本規約に違反した場合、またはユーザーによる本サービスの利用に関し第三者からソニーに対して苦情が寄せられ、もしくは訴訟が提起された場合、ユーザーは、ソニーの要請に応じ速やかに本規約に違反する行為、若しくは苦情または訴訟の対象となる行為等を止めるものとします。
2. 前項のソニーからの要請にも拘わらず、ユーザーが前項に定める本規約違反行為、苦情または訴訟の対象となる行為を継続する場合、ソニーはかかるユーザーの承諾を得ることなく、当該ユーザーがアップロードした該当するデータ等を削除することができるものとします。
3. ソニーは、ユーザーがアップロードしたデータ等を監視する義務を負わず、また前項に定める措置を採る義務を負うものではありません。但し、法令の要請に基づく場合、ソニーまたは第三者の権利を保護するため必要な場合、法律上可能な範囲でデータ等を閲覧し、必要に応じて削除する権利を留保するものとします。
4. ユーザーが本規約に違反することにより、ソニーまたは第三者に損害が生じた場合、ユーザーは、生じた損害を賠償するものとします。

第13条(ユーザー資格の停止)
ユーザーが次のいずれかに該当する場合は、ソニーはユーザーに事前に何等通知または催告することなく、ユーザーによる本サービスの利用を停止し、またはユーザーとの本規約を解約することができるものとします。
(ア) ユーザーによる本規約違反行為が判明した場合。
(イ) 本サービス利用登録の記載必要事項に、虚偽の記載の事項が含まれていること、または複数のユーザー名で本サービスを利用していることが判明した場合。
(ウ) ソニーから前条第1項の措置を採るべき請求を受けたにもかかわらず、請求に応じない場合。
(エ) その他ソニーがユーザーによる本サービスの利用が不適当と判断した場合。

第14条(本規約の変更)
ソニーは、必要と認めた場合、ユーザーの承諾を得ることなく、いつでも本規約を変更するができます。この場合、ソニーが適当と判断する方法で、当該変更をユーザーに通知するものとします。ユーザーは、変更後の本規約に従い、本サービスを利用するものとします。

第15条(本サービスの廃止)
1. ソニーは、自己の判断により、本サービスの全部または一部の提供を一時的に終了し、または永続的に廃止させることができます。この場合、ソニーは、ソニー所定の手続きに従って本サービスの終了をユーザーに通知するものとします。
2. ソニーは、理由の如何を問わず発生した本サービスの全部または一部の提供の終了または廃止によりユーザーまたは第三者に生じた損害について一切責任を負わないものとします。

第16条(設備等)
ユーザーが、本サービスを利用するために必要なデジタルカメラ等の画像録画機器、コンピューター、スマートフォン、通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器の用意は、ユーザーが自己の費用と責任において行うものとします。また、本サービスへのアクセスに必要となる一切の通信費用も、ユーザーの負担とします。

第17条(個人情報)
ソニーは、本サービスに関連して取得するユーザーの個人情報を、「プライバシーポリシー」に基づいて、適切に取扱うものとします。

第18条(リンクサイトについて)
本サービスから、もしくは本サービスへリンクを張っているソニー以外の第三者のウエブサイト(以下 「リンクサイト」といいます)の内容は、それぞれ各社の責任で管理されるものであり、ソニーの管理下にあるものではありません。リンクサイトは、それぞれのリンクサイトの掲げる使用条件に従ってご利用下さい。ソニーはリンクサイトの内容について、また、それらをご利用になったことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。尚、本サービスへのリンクという事実は、ソニーが同リンクサイトの利用や、リンクサイトに掲載されている商品、サービス、会社等を推奨することを意味するものではなく、また、ソニーとリンクサイトとの間に提携などの特別な関係があるということを意味するものではありません。

第19条(準拠法)
本規約に関する準拠法は、日本法とします。ソニーとユーザーとの間に紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属合意管轄裁判所とします。

第20条(問い合わせ窓口)
本サービスのご利用に伴ったお問い合わせは、以下の窓口までご連絡ください。

本サービスのお問い合わせ窓口: